オメガ3脂肪酸の概要

オメガ3脂肪酸とは、不飽和脂肪酸の中でその構造により分類された1つで、栄養学的見地からはα-リノレン酸とエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸を指します。

 

参考サイト:オメガ3の解説

 

そして、人をはじめとした動物の体内ではこのオメガ3脂肪酸は合成することができないことから、必須脂肪酸とも呼ばれています。

 

また摂取されたα-リノレン酸からはEPAやDHAを生産することは可能ですが、逆にこの反対は非常に僅かで困難となっています。

 

その機能は細胞膜の流動性を保持する働きがあり、これが低下すると細胞膜の柔軟性が失われることから細胞をバリアすることができず体内系統の健全性が保てなくなります。

 

そのため、身体に現れる炎症や免疫疾患等はこのオメガ3脂肪酸の不足により起こることがあり、食生活が欧米化し、特にDHAやEPAを多く含む青魚の消費量が減った現在の日本ではこの不足により現代病といわれる様な糖尿病や心臓病、高血圧の生活習慣病が問題なっていいます。

 

オメガ3脂肪酸の特色について

オメガ3脂肪酸は、細胞の維持と活動にとって欠かせないものです。

 

脂肪酸の中でも不飽和脂肪酸に分類されるもので、具体的にはDHA・EPA・αリノレン酸がこれに含まれます。

 

オメガ3脂肪酸には、コレステロールや中性脂肪を下げる働きがあることがわかっています。

 

その他、高血圧及び動脈硬化、心筋梗塞、脂肪肝、高脂血症、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病予防に効果があると言われています。

 

また、アレルギー症の緩和や認知症の予防、うつ病の予防にも効果があります。

 

オメガ3脂肪酸は、ゴマ・青魚・緑黄色野菜・ナッツ類などの食品に多く含まれています。単体で食べると酸化しやすいので、ビタミンC・Eやポリフェノールなどの抗酸化作用のある食品と一緒に摂取することが大事です。

 

また、DHAやEPAは加熱すると溶け出す性質があるため、生で食べるか煮汁も残さず食べる必要があります。サプリメントを活用すれば効率的に摂取することができます。

更新履歴