オメガ3脂肪酸の概要とその効果について

オメガ3脂肪酸とは、不飽和脂肪酸の一種で人間の体内で作ることのできない必須脂肪酸のことです。

 

イワシやサケ、サバなどに多く含まれており、様々な効果があります。

 

まずは、血液をサラサラにするという効果があります。DHAやEPAを含むオメガ3脂肪酸には血を固まりにくくし悪玉コレストロールを減らし、中性脂肪を減らすという効果があります。

 

この結果、動脈硬化の防止につなげることができます。また、オメガ3脂肪酸には、ダイエットを促す効果があります。

 

悪玉コレストロールや中性脂肪を減らす働きがあるため、内蔵脂肪がスムーズに燃焼され、ダイエットやメタボ予防に効果があります。

 

また、アンチエイジングにも効果があるといわれています。年齢を重ねることで、女性ホルモンの分泌が減少し、肌が乾燥しシミやシワが増えていってしまいます。

 

オメガ3脂肪酸は、この女性ホルモンの減少を抑える効果があり、若返りにも効果があるといわれています。