オメガ3脂肪酸は不足気味

オメガ3脂肪酸とは、不飽和脂肪酸の一種です。最近よく話題になっている、DHAやEPAもオメガ3脂肪酸の一種です。

 

これがダイエットに効果があるらしいという研究結果や、悪玉コレステロールや中性脂肪を低下させる効果があるようだ、との報告があり注目されています。

 

また、花粉症やアトピーの症状も和らげるのではないかとされています。食事からの摂取が不足しがちなDHAやEPAには、炎症を和らげる効果があるようなのです。

 

一方で、同じ不飽和脂肪酸の一種であるオメガ6脂肪酸のほうも人体にとって必須の栄養素なのですが、こちらのほうは必要量の何倍も摂取できている傾向にあると言われています。

 

オメガ6脂肪酸のほうは、炎症を引き起こすほうの作用があり、その点で、ちょうどオメガ3脂肪酸の逆の作用があると考えられています。

 

つまり、現代社会で多くの人を悩ませる花粉症やアトピーなどは、オメガ3とオメガ6脂肪酸の摂取バランスが崩れているために起きているのではないかと推測されているのです。