オメガ3脂肪酸は体に良い脂肪です

オメガ3脂肪酸とは、不飽和脂肪酸の一種です。

 

脂肪には体に良い脂肪と体に悪い脂肪とがあり、不飽和脂肪酸は体に良い脂肪に分類されます。

 

なぜ体に良いのかというと、体に蓄積されず体外に排出されるからです。

 

しかもその際に、体に蓄積された悪い脂肪とくっついて、一緒に排出されます。

 

つまりこの良い脂肪を摂取すれば、悪い脂肪が体内からどんどん減っていくわけです。

 

この体に良い脂肪が不飽和脂肪酸であり、その中でも特に効果が高いのがオメガ3脂肪酸なのです。

 

悪い脂肪が蓄積されていくと、肥満になるだけでなく、血液がドロドロになって流れが悪くなり、高血圧や心不全などを引き起こします。

 

また免疫力が下がり、感染症やガンなどの病気になりやすくなります。

 

そのため悪い脂肪を減らしてくれるオメガ3脂肪酸は、健康体の維持に非常に有効であるとして、注目を集めています。

 

オメガ3脂肪酸は、アジやイワシなどの青魚や大豆に多く含まれています。これらが健康的な食品として有名なのは、オメガ3脂肪酸が含まれているからなのです。