全身に必要なオメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸とは特に脳に必要とされる成分の(ARA、DHA、EPA)の事を意味します。

 

脳の脂質を構成する脂肪酸の内、サラサラして常温で固まりにくい不緩和脂肪酸を称してオメガ3脂肪酸と業界で呼ぶ事もあります。

 

脂質は油というイメージがありますが、脂質は重要な役割を果たし身体のエネルギーや血液、ホルモンの材料になったりします。

 

脂質には大きく分けて2つの種類がありますが、一つは常温で固まりやすい飽和脂肪酸ともう一つは常温で固まりにくい不緩和脂肪酸の二つに分けられます。

 

その中でも日常生活の食事で必須と言われる脂肪酸を必須脂肪酸といいます。

 

この必須脂肪酸がオメガ脂肪酸ARA(アラキドン酸)、EPA(ドコサヘキサエン酸)、 DHA(エイコサエンタペン酸)となり代表的なオメガ3脂肪酸となります。

 

DHA、EPAは魚に多く含まれており、ARAは卵や豚肉などから摂取することが出来ます。

 

このオメガ3脂肪酸は脳に必要な成分だけでなく、全身にも存在するため定期的に摂取する必要があります。年齢と共に減少しますが、日常生活の食事から取り入れる事で健康的に過ごす事が出来ます。